作業員

設置する設備を選択

スプリンクラーは煙や熱により反応します

キッチン

スプリンクラーは、火災を感知して自動的に消化してくれる大変心強い設備です。ヘッドの種類や配管内の水の充填の有無など、さまざまな種類があります。その中でも閉鎖型スプリンクラーヘッドを用いる設備があります。一般的によく用いられるもので、天井まで10メートル以下の場所に設置することができます。物販などの場所では6メートル以下の場所に設置が 義務づけられています。貯水タンクには常に満水状態になっており、空気により加圧され保管されています。いつもは閉まっているスプリンクラーヘッドは、一定の温度で感熱部が反応し、ヘッドが解放されます。ヘッド部分は熱により溶ける素材を用いたり、アルコールなどの液体を入れて反応するようにできています。

設置する場所により選定しましょう

閉鎖型スプリンクラーヘッドには、湿式と乾式、予作動式のタイプがあります。通常は湿式を用いますが、屋外や寒冷地などでは凍結する恐れがあるため、乾式のタイプを使用します、乾式流水検知装置からスプリンクラーヘッドまでの間に加圧された空気があり、作動するとこの空気が一気に排出します。管内の圧力低下により検知装置が開き、放水を始めます。また、予作動式のタイプは、水による被害を出したくない場所に用いられます。誤作動しても検知装置がすぐに開かず、煙だけでなく熱による反応もあった時点でヘッドが反応して放水します。 これらの一般的な閉鎖型スプリンクラー以外にも開封型や放水型スプリンクラーヘッドの設備があります。設置したい場所の特性に合わせて施工業者とよく相談しながら選びましょう。