作業員

設置して意識を高める

インテリア

スプリンクラーは、散水するための装置で一般には農作物などに水を撒くために使用されるものと、建物などの天井に設置し火災時に自動的に散水する装置のものがあります。特に建物内の消火用のスプリンクラーは火災が発生したさいには自動的に散水するため、初期消火および火災の拡大を防げるメリットがあり、特に建物火災で有益な存在になります。そのため大規模な建物には設置することが義務付けられています。しかし、スプリンクラーは天井の消火用の水道管を配する必要があるなど、設置するためには費用も高額であるデメリットがありますが、近年は重要な火災事故の発生を受けて、補助金制度が設けられるなど、以前に比べると設置の負担が軽減される傾向にあります。

スプリンクラーの仕組みとして中心となるものが、スプリンクラーヘッドと呼ばれる散水装置があります。スプリンクラーヘッドの種類としては湿式と乾式などがあり、湿式の場合には一定の温度に晒されることで封印に使われた合金などが破裂し、それによって散水が開始されるというものです。また乾式の場合には、配管内に水ではなく圧縮空気を入れておき、火災によってスプリンクラーヘッドの封印が解かれたさいに空気が抜け、それを検知することで、放水を開始するというものです。乾式は凍結する恐れのある寒冷地などで利用されています。いずれも、この場合には電気などを利用することなく自動的に散水を開始するため、火災時の初期消火および火災の拡大を防ぐことができます。